九州地方

【島食探訪記3】離島キッチン 日本橋店(東京都中央区日本橋室町) | 口永良部島フェア

離島キッチン 日本橋店 (photo by 島日より、旅日より編集部)
   東京近縁の島好きの皆様には有名な「離島キッチン」さん。
神楽坂にあるお店が有名ですが、先月から日本橋にも離島キッチン 日本橋店がオープンされたとうかがい、日本橋まで足を運んでみました。

 

   何やらネット情報やいろんな方からのお話では大学生とのコラボレーション企画をやっているとか。。。期間限定ということで、土曜日のランチタイムにお邪魔しました♪
   東京メトロを利用すると「三越前駅」からお店が直結しているので、天候の悪い時も地下鉄からそのままお店に入れるので便利ですね!(帰りに気づいたのですが、JR新日本橋駅からも直結しています)

訪問日時:2018.4.14(土)

 

3島目 離島キッチン 日本橋店(東京都中央区日本橋室町) | 口永良部島フェア

 

   駅から降り立って、地上を見上げるとさすが日本の街道の出発点。The・オフィス街といった感じで高層ビルが林立しています。
   離島キッチン日本橋店さんは、新日本橋駅からも歩いて5分ほど。この日本橋室町野村ビル(通称:YUITO)の地下一階にありました。

 

日本橋は高層ビルが多くThe・オフィス街と言った感じ。

日本橋は高層ビルが多くThe・オフィス街と言った感じ。

 

B1、離島の飲食店型アンテナショップという業態なんですね。
YUITO看板
離島キッチン看板

 

地上から歩いて来られる場合は、この東京メトロの看板を目印にするとわかりやすいです。
東京メトロ 三越前駅から直結

東京メトロ 三越前駅から直結

地上からだと、階段をおりてすぐ目の前が離島キッチン 日本橋さんがあります

地上からだと、階段をおりてすぐ目の前が離島キッチン 日本橋さんがあります

 

階段を下ると、すぐ目の前に離島キッチン日本橋店さんがあります。
なんだか賑やかな感じが見て伝わってきますね。
離島キッチン 日本橋店

離島キッチン 日本橋店

 

4月30日までは、東京六大学プロジェクト、その名も「慶応義塾大学×離島キッチン 口永良部島フェア」が開催されています(^^)
口永良部島フェア看板

口永良部島フェア看板

 

離島キッチン 日本橋店 店内の様子
離島キッチン 日本橋店 店内1 離島キッチン 日本橋店 店内
離島キッチン 日本橋店 店内 離島キッチン 日本橋店 店内

 

   店内は木材を基調としたテーブルや椅子で統一されていて、とても穏やかな時間が流れています。日本全国様々な島の特産品が棚に並んでいて、店内を見渡すだけで様々な島の魅力に触れることができます。
   この棚には、佐渡島で造られている北雪(ほくせつ)至(いたる)真野鶴(まのつる)などのお酒が並んでいました。
離島の様々なお酒が並ぶ

離島の様々なお酒が並ぶ

 

   こちらには、口永良部島でよく飲まれているという、焼酎《三岳》が並んでいました。ちなみに、この《三岳》という名称、屋久島の宮之浦岳・永田岳・黒味岳の三岳に由来するのだとか。
屋久島発祥の焼酎《三岳》

屋久島発祥の焼酎《三岳》

 

   席に案内していただくと、口永良部島への交通や慶應大学の学生さんお手製のパンフレットが。とても丁寧に島の魅力やスポットをまとめられています。今回の大学生とのコラボレーション企画では、内装や小物も大学生が発案した内容になっているそうです。
口永良部島フェア ランチョンマット

口永良部島フェア ランチョンマット

 

   こちらの長谷部研究会&池田研究会の東京六大学プロジェクト 口永良部島フェアへの取り組みは、別記事で紹介いたしますのでそちらをご覧ください(^^)
東京六大学プロジェクト〜慶應編〜 口永良部島フェア パンフレット

東京六大学プロジェクト〜慶應編〜 口永良部島フェア パンフレット

 

   今回私が注文したのはこちらのコラボレーション企画で発案されたランチメニュー、「ヨットマンの伊勢海老のコロッケ定食」

 

   ヨットマンとは口永良部の漁師さんで湯向区長でもある「畠喜人」さんのことで、この方が釣り上げた伊勢海老のコロッケです。
   実はこのメニュー土日限定で、平日は海人特性亀の手のお出しうどん(伊勢海老コロッケ付き)と海人特性亀の手のお出しうどん(ばっちゃんの山菜のかき揚げ付き)の2メニューなのですが、せっかくの土曜にきたのでこちらのコロッケ定食をいただきました(ちなみにご飯おかわり無料)。
ヨットマンの伊勢海老のコロッケ定食

ヨットマンの伊勢海老のコロッケ定食

 

   お吸い物を見て、「?? これ食べられるの?」と失礼ながら思ってしまいました(笑)。実はこれが亀の手だそうです。といっても生きた亀の”手”ではなく磯に生息している貝類の一種なのです。

 

   食べ方も縦に噛んで割るとピンクっぽい色をした身が出てきて食べることができます。調べてみると結構栄養豊富で漁師さんのおやつなどとして食されているようです。
   もちろん味もGood!私は下戸なのでわかりませんが、お酒とあうような気がしました。

 

◎ヨットマンの伊勢海老のコロッケ◎
ヨットマンの伊勢海老のコロッケ
◎ 亀の手のお吸い物 ◎
亀の手のお吸い物

 

   店内には慶應の学生さんと口永良部島の子供たちとワークショップで作ったというおしゃれなビンや素敵な絵画も展示されていました。

 

   この絵画ですが、アフリカンペイントアーティストSHOGENさんが今回の企画に賛同し描いたものだそうです。「Tingatinga(ティンガティンガ)」というタンザニアの伝統アートでペンキを使って描かれています。
   大きなキャンバスに描かれており、しばし魅入るほど心惹かれました。

 

   こちらに関しても慶応義塾大学の学生さんへのインタビュー記事として次回掲載いたしますので是非お見逃しなく!

 

   今回はランチでうかがいましたが、ディナーでも学生さんの考えたメニューが用意されているようですので、お近くへお立ち寄りの際はぜひ離島キッチン日本橋店へ足を運んでみてください!
   離島キッチンさんは島旅編集部でも何度か訪れていますが、島の特産の魅力を引き出すのは流石でした(^-^)

 

離島キッチン 日本橋店
住所 東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル B1F
電話 03-6225-2095
営業時間 ランチ:11:00-14:30
カフェ:14:30-18:00
ディナー:18:00-22:00
(料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 21:30)
日曜営業
定休日 不定休
支払い方法 カード可・電子マネー不可
アクセス 東京メトロ銀座線・半蔵門線 三越前駅A9出口徒歩1分(駅直結)
JR総武快速線新日本橋徒歩3分(駅直結)
三越前駅から93m
サイト 離島キッチン 日本橋店
FBページ 離島キッチン 日本橋店FBページ

 

(文責:島日より、旅日より編集部)

 

 

 

 

Facebook・Twitter・Instagramでも情報発信しています♪

 

島日より、旅日よりFB

島日より、旅日よりTwitter

島日より、旅日よりInsta

 

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

 

ひぐらし

ひぐらし

投稿者の記事一覧

ライター&フォトグラファー。
仕事を辞めて早6年。その日暮らしと学問に精進する毎日。都会の喧騒から離れたくなり鹿児島県屋久島を訪れる。その後何かあると島へ行ってます。カメラはずっとNikonのAPS-Cサイズを愛用。広角寄り。下戸のため食べること専門。
今行きたい島は小笠原諸島

関連記事

  1. 【島食探訪記2】五島手延べうどん 藪ノ椿(東京都目黒区青葉台)
  2. 口永良部島フェア 店内の様子 【鹿児島県|口永良部島】離島キッチン × 東京六大学プロジェクト…
  3. 【島食探訪記1】東京島酒場 大(東京都千代田区神田)
  4. 【島食探訪記 番外編】地元めしフェス in 日比谷公園
  5. 【島event】「天草祭」~あまくさまつり~ in 神楽坂 久露…
  6. 【島の食】「淡路島フルーツ玉ねぎスープ」と「香住蟹の蟹みそかに雑…

コメントはこちらまで

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. トウシキキャンプ場から眺める初日の出
  2. 離島キッチン 日本橋店 (photo by 島日より、旅日より編集部)
フォトマルシェ - PhotoMarche

島の観光

WordPressテーマ「KADAN(TCD056)」

島のアクティビティ

島のイベント

PAGE TOP