沖縄地方

【沖縄県|波照間島】海と夕日と星空とー 島に泊まって満喫したい!波照間島オススメスポット6選 《海編》

ニシ浜①
   石垣島や西表島のある八重山諸島には大小たくさんの島があります。どの島も同じようなものと思われるかもしれませんが、それぞれの島がそれぞれに独特の個性を持ち、景色や雰囲気がまったく異なります。波照間島もまた、強い個性を持っています。

 

   僕が八重山諸島一人旅をしているとき、西表島のカヤックインストラクターの方に八重山諸島でおすすめの島を尋ねたところ「波照間島が良かったというお客さんが多いです」と伺い、波照間島に行ってみることにしました。そこで出会った波照間島感動スポットを、《海編》と《空編》に分けてお届けします。

 

   では、まずは《海編》の方からご覧下さい。

(文&写真:片山正樹)

 

 

1.サンゴ礁の海で泳げる!「ニシ浜」

 

   まずはなんと言っても波照間島といえばニシ浜。沖縄の海はどこも同じかと思いきや、そんなことはありません。島それぞれ、浜それぞれの個性的な景色、表情があります。

 

   ニシ浜の表情がこちら。
ニシ浜①

ニシ浜①

ニシ浜②

ニシ浜②

 

   見た瞬間、その景色は僕の心を惹きつけて離しませんでした。

 

   風もなく、穏やかに寄せては返す波打ち際。太陽の光を受けて淡い水色が際立ち、その先にはサンゴ礁が海面に映し出されて色鮮やかなコントラストをなしています。はるか遠くに広く横たわるのはおとなりの西表島。雄大ですね。

 

   ニシ浜でいちばん驚いたのは、「泳げるビーチなのにサンゴ礁がとても近い!」ということ。サンゴ礁がきれいな海はたくさんありますが、浜辺からすぐ近く、それも泳いですぐたどり着けるようなビーチはなかなかないのではないでしょうか(泳ぐときはサンゴ礁を傷つけないように気を付けましょう)。

 

   僕が行ったのは3月でしたが、その日は晴れて暖かく、泳いでいる人も5,6人いました。まさかこの時期に泳げるとは思っておらず、海水パンツを持って行っていなかったことをとても後悔しました。まさかパンツ一丁で海に入るわけにも行かず。泣く泣く諦めることに。。。

 

◎ニシ浜◎

 

   ニシ浜と目と鼻の先にある波照間港に防波堤があるのですが、その先まで行ってみると、ここからの景色がまた圧巻でした。それがこちら。
波照間港の防波堤からの海

波照間港の防波堤からの海

 

   これが本当にニシ浜からすぐ先の海なのか、と疑ってしまうほど、まったく異なる表情をしています。

 

   沖縄の海を見ていつも驚かされます。「海ってこんなにたくさんの彩りがあるんだ」と。本州の海でやビーチなどでは決して見ることのできない景色です。

 

◎波照間港防波堤◎

 

 

2.広いビーチを独り占め?日本最南端のビーチ 「ペムチ浜」

 

   同じ宿に泊まっていた、波照間旅ベテランのお兄さんに島のおすすめを聞いたところ「ペムチ浜でぼーっとすること」とのお返事。早速翌日にお兄さんオススメの「ペムチ浜」へ行ってみました。

 

   ペムチ浜は集落中心部から自転車で15分ほど南に行ったところにあります。有人島として日本最南端の島でいちばん南側にありますので、「日本最南端のビーチ」です。    防風林なのかビーチと並行して林があり、ビーチに行くためには林の中にいくつかある細い道を抜けなければなりませんが、その入口がまた分かりにくいです。なんとか見つけて入っていきました。

 

   林を抜ければ一面に広がる大きなビーチ。白い砂浜が遠くまで続き、大小のサンゴが無数に転がっています。

 

View this post on Instagram

@ika0310がシェアした投稿

(編集部付記)

 

   誰もおらず、また1時間ほどいても誰一人来ません。独り占め状態、まさに「プライベートビーチ」でした。贅沢ですね。

 

   ペムチ浜は海流が速いため、遊泳禁止となっています。景色や散歩を楽しむビーチですね。僕も流木に腰掛けて、ぼーっと海を眺めていました。
   のんびりとした穏やかな時間を過ごすには最適の場所です。

 

◎ぺムチ浜◎

 

 

3.180°大パノラマの大海原!「日本最南端の地」

 

   ペムチ浜から東へ1kmほどいくと、「日本最南端の地」に着きます。
   波照間島は無人島である沖ノ鳥島を除いては日本最南端の島となるそうで、島のいちばん南の端が日本最南端の場所ということとなり、「日本最南端の碑」がありました。これは沖縄の本土復帰前に波照間島に訪れたひとりの学生が島人の協力を得て建てたものだそうです。

(編集部付記)

 

◎日本最南端の碑◎

 

   碑を越えて海に近づくと、ごつごつした岩場が続いていました。目の前には左右180°に広がる、見渡す限りの大海原。海沿いは、はるか先まで高さ十数mの断崖絶壁になっています。海面に近い部分は崖が波によって大きくえぐられていました。
日本最南端の地① 東方面

日本最南端の地① 東方面

日本最南端の地② 西方面

日本最南端の地② 西方面

 

   岩場はかなりデコボコしていて、歩くにも足元をしっかり確認して進まないと転んでしまいそうです。
   岩場の端までくると、くぼみの所々に水がたまっていました。水たまりというにはかなり大きなものです。ということは、雨水がたまっているのか、あるいはそうでなければ暴風のときに高波がここまで上がってくるのか。もう一度言いますが、高さ十数mの断崖です。

 

   岩をよく見ると岩肌に不思議な模様がありました。なんと、サンゴの化石です。あたり一面に見られました。波照間島はサンゴ礁が隆起してできた島だそうです。気が遠くなるほどの長い年月。自然の雄大さを感じずにはいられません。

 

   断崖絶壁という地形もあるのか、海の色はニシ浜や波照間港の防波堤からの景色とはまったく異なり、一面深い青一色です。
180°大パノラマの大海原!

180°大パノラマの大海原!

 

 

まとめ

 

 

   以上、波照間島の海スポットはいかがだったでしょうか?ハテルマブルーの代名詞とも言える「ニシ浜」、日本最南端のプライベートビーチ「ペムチ浜」、ニシ浜・ぺムチ浜とはまったく違った雄大な外洋のパノラマを見せてくれる日本最南端の地、それぞれ個性のある場所ばかりですね。
   次回は、波照間島のおすすめスポット《空編》をお届けします。

 

格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

 

(文&写真:片山正樹)

 

 

 

Facebook・Twitter・Instagramでも情報発信しています♪

 

島日より、旅日よりFB

島日より、旅日よりTwitter

島日より、旅日よりInsta

 

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

 

片山正樹

片山正樹

投稿者の記事一覧

大阪府出身。ふとしたきっかけで宿も目的もまったく決めずに出発した宮古島の旅があまりにも楽しすぎ、「あてどない旅」の面白さにどっぷりとはまりました。以降、沖縄の離島を中心に何度か旅に出ています。
心を澄まして旅をしていると、時々「奇跡が起きた?」と感じることがあります。旅の中で感じた感動をそのままにお伝えし、「旅に出てみようかな」と思って頂ける方が少しでもいらっしゃれば、この上ない喜びです。

関連記事

  1. 【沖縄県|由布島】水牛車に乗って透き通る海を渡ろう!《南の島の小…
  2. 【沖縄県|宮古島】はじめての宮古島!初心者にお勧めビーチ!
  3. 【沖縄県|波照間島】満点の星空を味わえる離島《波照間島編 》
  4. 【島旅Topic】人生で一度は行きたい!最もアクセスが大変な秘境…
  5. 【沖縄県|座間味島】ダイビングができなくても大丈夫!ウミガメに9…
  6. 【沖縄県|波照間島】『ハテルマブルー』に会いたくて
  7. 波照間島の日の出 【沖縄県|波照間島】海と夕日と星空とー 島に泊まって満喫したい!…
  8. 西表島某所で光るヤエヤマボタル 【沖縄県|西表島】光のファンタジー ヤエヤマボタルのイルミネ…

コメントはこちらまで

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

島旅Topic

北海道・東北地方

関東地方

  1. 赤禿
  2. 泊海水浴場

近畿地方

登録されている記事はございません。

四国地方

  1. 豊島横尾館 全景

中国地方

九州地方

  1. 口永良部島フェア 店内の様子

沖縄地方

  1. 盛加井 内部④
  2. 波照間島の日の出
PAGE TOP