四国地方

【島旅Topics|瀬戸内】一度は訪れたい!
6つの離島をつなぐ「しまなみ海道サイクリング」の楽しみ方・魅力

   広島県福山市と愛媛県尾道市にわたり70㎞ほど島々をつないで自転車で渡れる海峡があります。その名も「しまなみ海道」!近年は、自転車のメーカーGIANT直営のレンタサイクル、記念碑「サイクリストの聖地」の設置、グルメスポットの充実化などサイクルツーリズムが図られ、この海道の景色の素晴らしさ相まって、ますます世界から注目を集めています。そんな日本を代表する「しまなみ海道」のサイクリングにチャレンジしてみませんか!?

(文&写真:土庄雄平)

 

 

 

しまなみ海道をサイクリングするには!?その1 「マイ自転車」を持ち込もう!

 

 

   まず初めに、どのように「しまなみ海道」サイクリングを計画するか!?
前提となるこの点について簡潔にまとめてみましょう!

   以下2パターンでプランが大きく変わります!まず自分の自転車を現地まで運んでサイクリングを楽しむ場合です。大まかにまとめると以下になります。


   自分の自転車を持ち込む

  1. 新幹線 新尾道駅(輪行)→自走
  2. 飛行機 松山空港(輪行)→自走
  3. 車 尾道市or今治市の中心部でパーキング



例えば二つの事例を挙げてみます。

■兵庫県在住の場合■

   新神戸や相生、姫路→新尾道が近いので新幹線の移動がベスト!車を活用しても良いでしょう。

■東京都在住の場合■

   新幹線では遠すぎるので悩ましいところ。飛行機で松山空港へ飛ぶ方が時間の短縮になりますが、飛行機に自転車を預けなければならない点が少しハードル。いっそのこと現地でレンタサイクルした方が良いかも!?

   と言うように、移動時間・手間・お金を複合的に考えて計画を練ることになるでしょう!しかし、いずれにしても輪行(所定の袋へ自転車を入れて運ぶこと)ができることが前提になります。

   次が現地でレンタサイクルを借りてサイクリングを楽しむ方法です。スポーツ自転車に馴染みのない多くの人にとって、こちらが主流になるのではないでしょうか?また自転車を運ぶのが手間だというサイクリストも活用できます。



 

 

しまなみ海道をサイクリングするには!?その2 「レンタサイクル」を活用しよう!

 

 

   レンタサイクルを活用する場合、

  1. 電動自転車を借りる
  2. スポーツ自転車を借りる(GIANTなど)

の二通りの選択肢があります。

   ここで問題となるのは「どんな自転車をレンタルするか!?」です。車種はママチャリ・電動自転車・スポーツ車の三種類ですが、ママチャリでは海道を走り切ることが難しいので電動自転車を前提としています。

   そして残り二つのうち長所・短所を整理すると

電動自転車・・・【長所】乗りやすさ 【短所】距離走るのに向かない
スポーツ自転車・・・【長所】距離を楽に速く走れる 【短所】慣れてないと少し難しい

   以上のようになります。悩ましいところですが、自分に合わせてどちらか選択してください。

   なお「しまなみ海道サイクリング」で欠かせないのが「乗捨て可能」と言うキーワードと「バスの存在」です。

   例えば尾道のGIANTストアでロードバイクをレンタルすると、今治にて乗捨てが可能です(その逆も)。しかしながら、これはロードバイクのレンタル限定になるので要注意!

   またバスの場合「しまなみエクスプレス」を活用すれば、自転車の前輪を外すだけで、バスに乗せて尾道〜今治間をワープすることが可能なので利用しない手はありません。


【GIANTのレンタサイクル】

【路線バスに乗せて自転車を運ぶには】


 

 

景色にグルメ!「しまなみ海道」の魅力を堪能しよう!!

 

 

   それでは肝心の「しまなみ海道」をサイクリングする魅力とおすすめスポットを厳選して紹介していきます!広島県尾道→愛媛県今治に移動するという想定でご参考ください。


①尾道から向島までの渡船

   尾道をからサイクリングを開始する時に、ほぼ必ずと言って良いほど利用される渡船があるのですが、これが瀬戸内海の島旅らしい時間を与えてくれます。穏やかな海と潮風を感じながら最高のスタートになりますよ!




②向島南部の因島大橋と瀬戸内海

   スタートして向島の西側を軽快に走っていけば、突如橋と海がコントラストをなす「しまなみ海道」らしい美しい景色に出会えます。これが第一の絶景ポイントです。路肩に止めて自転車とともに写真を撮れば思い出に残ること間違いなし!


因島大橋



③因島名物「はっさく大福」を食べよう!

   2つ目の島「因島」へ入ってすぐのところにある「はっさく屋」と内陸にある「菓子処中島」で購入することができる名物の「はっさく大福」は必食!甘いお餅とあんこが、ジューシーなはっさくと相まって至極の美味しさです。


はっさく屋

Tel:0845-24-0715

住所:〒722-2101広島県尾道市因島大浜町246-1(因島大橋公園内)

営業時間:8:00~17:00

定休日:月・火

URL:はっさく屋

Access:

■尾道方面から

【自動車】島北インターチェンジより10分
【自転車】因島大橋サイクリングロード出入口から5分
【歩き】因島大橋歩道因島側終点(階段近道)から5分

■四国・今治方面から

【自動車】因島南インターチェンジより15分
【自転車】生口大橋サイクリングロード出入口から45分
【歩き】大浜パーキング(上り)内に車を駐車して、徒歩で15分



④休憩にもってこい!生口島の「島ごころ」

   2つ目の島「因島」へ入ってすぐのところにある「はっさく屋」と内陸にある「菓子処中島」で購入することができる名物の「はっさく大福」は必食!甘いお餅とあんこが、ジューシーなはっさくと相まって至極の美味しさです。


島ごころ

Tel:0845-27-0353

住所:〒722-2413 広島県尾道市瀬戸田町沢209-32

営業時間:10:00〜17:00

定休日:年中無休(1/1除く・臨時休業有)

HP:島ごころ

FB:島ごころFBページ

Access:

■尾道方面から

【自動車】西瀬戸尾道ICからしまなみ海道に入り、生口島北ICで県道81号線に抜けて、約40分

■四国・今治方面から

【自動車】今治ICからしまなみ海道に入り、生口島南ICで国道317号線に抜けて、約50分



⑤サイクリストの聖地!道の駅「多々羅しまなみ公園」で記念撮影

   4つ目の「大三島」へ入ってすぐのところにある道の駅「多々羅しまなみ公園」は寄り道必須です!なぜなら多々羅大橋を眺める美しい景色と、サイクリストの聖地碑がフォトジェニックだから!自転車で「しまなみ海道」を走った最高の思い出になる一枚でしょう。


道の駅「多々羅しまなみ公園」

Tel:0897-87-3866

住所:〒794-1402 愛媛県今治市上浦町井口9180-2

営業時間:9:00~17:00

レストラン:10:00~16:00(ラストオーダー 15:00)
   (注:繁忙期は変更あり)

定休日:年中無休

駐車場:普通車300台・大型16台・身障者3台

HP:道の駅「多々羅しまなみ公園」

FB:道の駅「多々羅しまなみ公園」FBページ

Access:
西瀬戸自動車道「大三島IC」を降りてすぐ。



⑥こぢんまりとした隠れ家ショップ「リモーネ」

   食べてばかりと思われるかもしれませんが、安心してください!サイクリングをしていたらお腹が空きっぱなしですよ(笑)ということで、大三島でおすすめのレモン農家直営のショップ「リモーネ」。魅力的な商品が様々並びますが、ここのアイスもなかは絶品なのでご賞味あれ!


リモーネ

Tel:0897-87-2131

住所:〒794-1404 愛媛県今治市上浦町瀬戸2342

営業時間:AM11:00~17:00頃まで

定休日:火・金(12月~2月は臨時休業あり)

HP:リモーネ

Access:

■大三島ICから

「大三島IC」方面からは、四国方面へ317号線を南下、バス停「村田新田」を「右折」し、最初の十字路を「右折」。

■四国・今治方面から

本州方面へ317号線を北上、バス停「瀬戸」を「左折」し、「今治消防団車庫」を「右折」。

■51号線方面から

バス停「出口」を「ボート」の見えるほうの道へ。



⑦伯方島周辺の「渦潮」が面白い!

   そして5つ目の島「伯方島」に入ると、この島ならではの「渦潮」が見られます!多くの島が入りくみ、海流の流れが様々にぶつかる瀬戸内海らしい風景で旅情が増しますね。また伯方島の沿岸部は建物も少なく癒しのシーサイドコースですよ。



伯方島



⑧運が良ければ見られる「しまなみ海道」一番の絶景!夕暮れの来島海峡

   そして最後の島「大島」の内陸部の山場を走り切れば、いよいよゴールが見えてきます!ラストは自転車で渡れる世界最大級の橋「来島海峡大橋」です。ここに辿り着く頃には、夕方になっているかと思いますが、運が良ければオレンジ色に染まる感動的な絶景に立ち会えます!



来島海峡



⑨ゴール後の圧倒的補給!「焼豚玉子飯」と癒しの「しまなみ温泉」

   ゴールに着いたらご飯とお風呂です!そこでおすすめしたいのが、今治の老舗「白楽天」を中心に今や県民食にまで発展した「焼豚玉子飯」です。濃厚なタレが絡んだお肉に目玉焼きを絡めると食欲が止まらなくなる一品!そしてお腹いっぱいになったら、温泉でくつろげば、最高の一日だったと振り返られるでしょう。



白楽天

Tel:0898-23-7292

住所:〒794-0015  愛媛県今治市常盤町4-1-19

営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00

定休日:火曜日

駐車場:有

HP:白楽天

Access:

■車の場合

西瀬戸自動車道・今治ICを下車し、北東に進み、国道317号線 に向かいます。
今治駅西交差点を右折して国道317号線に向かいます。常盤町4丁目(交差点) を右折してすぐ。

■電車・バスの場合

JR今治駅より徒歩8分。
表口出口を国道317号線に向かって南東に進み、国道317号線を左折します。常盤町4丁目(交差点)を右折してすぐ。


しまなみ温泉「喜助の湯」

Tel:0898-22-0026

住所:〒794-0055 愛媛県今治市中日吉町1丁目2−30

営業時間:【朝風呂 サービスタイム】6:00〜9:00、【温泉】9:00〜24:00(最終受付23:15)

定休日:年中無休

駐車場:有

設備:岩盤浴・コワーキングスペース・WiFi・自転車ロッカー・仮眠エリアなど

HP:しまなみ温泉「喜助の湯」

Access:

■車の場合

西瀬戸自動車道(瀬戸内しなまみ海道)今治ICより約10分

■電車・バスの場合

JR今治駅より徒歩約2分



 

 

まとめ:サイクリングを通じて感じる瀬戸内の旅

 

 

   瀬戸内の島には、他の島にはない独特な雰囲気があります。それは穏やかで、優しい匂いで、見渡すほど続く多島美で・・・。言葉抜きに、感覚的に落ち着くというか、何か良い、と思わせる時間や景色が流れています。そんな瀬戸内の島を堪能できるツールこそサイクリングではないでしょうか?自分の身体一つで、走り出せば、その地の魅力を五感をフルに楽しむことができます!匂いや景色、音、味など島を感じる旅へ行ってみませんか?

 

(文&写真:土庄雄平)

 

 

 

Facebook・Twitter・Instagramでも情報発信しています♪

 

島日より、旅日よりFB

島日より、旅日よりTwitter

島日より、旅日よりInsta

 

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

 

土庄 雄平

投稿者の記事一覧

1993年生まれ、愛知県豊田市出身。絶景を求め、一眼レフを担いで走って登る山岳自転車旅ブロガー。大学生のときに始めた自転車旅にハマり、サラリーマンをしながら全国各地を旅しています。自分が旅を始める契機となった小豆島をこよなく愛しており、その発信が中心です。近頃は、島旅や雪山登山など方向性が多角化し、より面白いアウトドアを目指して活動中!

関連記事

  1. 【香川県|瀬戸内】仕事上がりの夜行を楽しむ!神戸の湯でほっと一息…
  2. 【島旅Topics|瀬戸内】離島&ハイキングを楽しもう!瀬戸内海…
  3. 【香川県|小豆島】小豆島へのアクセス
  4. 豊島横尾館 全景 【香川県|豊島】瀬戸内の多島美を眺めながら、豊島を半周 家浦〜唐…
  5. 【香川県|豊島】豊島へのアクセス
  6. 【香川県|豊島】現代アートをはしごする!電動自転車でのんびり豊島…
  7. 【愛媛県|岩城島】岩城島へのアクセス
  8. 【香川県|小豆島】海や自然に囲まれたオールドタウンへ行ってみよう…

コメントはこちらまで

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

島旅Topic

北海道・東北地方

関東地方

  1. 鈴木撮影のセブンアイランド虹。甲板らしきものはない…。

近畿地方

登録されている記事はございません。

四国地方

中国地方

九州地方

沖縄地方

  1. 前浜ビーチから見る来間島と来間大橋
  2. 西表島某所で光るヤエヤマボタル
  3. 波照間島の日の出
PAGE TOP